入院される方へ
手続き
●健康保険証及び印鑑等について
入院手続きの祭には、必ず印鑑をご用意下さい。
健康保険証、及び老人、身障、母子等受給者証がある場合は必ず提出して下さい。
※毎月、月初めに健康保険証の確認が必要となりますので、
 必ず事務室受付に提示をお願いいたします。
※入院中に保険証が変更になった場合は、速やかにお申し出下さい。
●保証書
病院所定の用紙に記入・押印していただきます。
●精神保健法に基づく入院手続き
精神科病棟に入院される方は、入院形態に応じた手続きが必要です。
手続きについてはケースワーカーがお手伝いします。
入院費用
入院費用は月末にしめ、翌月14日頃に請求書を発行いたしますので、
毎月25日までに事務窓口で必ずお支払いください。
銀行振込の場合は、次の口座をご利用ください。
【苫小牧信用金庫 光洋支店 普通預金4485 道央佐藤病院 】
個室
病棟により個室をご利用する事が可能です。個室をご利用場合は、
別途差額ベッド料金がかかります。
詳しい料金はこちらをご覧下さい。
食費
入院中の食費について一部ご負担いただくことになります。
医療費のお支払いの際に合わせてお支払い下さい。
減額認定証がある場合は食事代が減額されますので
提出して下さい。提出されない場合は減額されません。
預り金
専任の事務職員が入院生活に必要な費用をお預かりし、
出納管理を行います。入金される方は窓口へお声をおかけ下さい。
銀行振込の場合は、次の口座をご利用下さい。
【苫小牧信用金庫 光洋支店 普通預金99408 道央佐藤病院 】
もちもの
各病棟にあります、「入院生活のしおり」をご参照下さい。
※高価なものは携帯しないようにお願いします。


看   護 当病院は厚生大臣の定める基準による看護を行っておりますので、ご家族等の
負担による付添看護はご遠慮願っております。
食   事 食事時間は、朝食=午前7時45分 昼食=正午 夕食=午後5時45分と
なっております。
入   浴 各病棟に入浴設備があり、病棟により入浴日が異なります。詳しくは各病棟に
あります、「入院生活のしおり」をご参照下さい。
洗   濯 クリーニング業者をご利用される方は実費で斡旋いたしますので、詰所に
お申し出下さい。
外出・外泊 病状により認められない場合もありますので、必ず主治医とご相談下さい。
また、治療の一環として外出・外泊を主治医よりご家族にお願いする場合が
ございます。その時は、どうぞご協力願います。
面   会 面会時間は、午前10:00から午後7:00までとなっております。ご面会の方は、
正面玄関ロビー内テーブルにおいてあります備えつけの面会用紙にご記入の上、詰所にお出し下さい。ご面会は、原則的にご自由ですが、病状によりご面会を
ご遠慮願うことがあります。また、危険なものや、アルコール類などの院内への持ち込みはかたくお断りいたします。
郵   便 入院中の方へ手紙、小包を郵送されるときは、病棟名をお書き下さい。
電   話 各病棟にありますのでご自由にご利用下さい。


●室内は禁煙ですので各病棟の喫煙室をご利用下さい。また、閉鎖病棟ではライター等の
 火気類の携帯を防災のため禁じておりますのでご了承下さい。
●病院内であっても、散歩、買い物などで長い時間病室を出られるとき又は病院敷地外へ
 出られる場合は必ず看護婦にお申し出下さい。
●病室内での楽器の使用はご遠慮下さい。
●ラジオ等電気製品の使用を希望される方は、詰め所にお申し出下さい。


高額療養制度
高額療養制度とは、被保険者の療養に要した費用が著しく高額である時に、一部負担金額として支払った
額の一部を支給する制度です。同じ人が同一月に同一医療機関に支払った医療費の自己負担が下記の
指示負担限度額を超えた場合に、市町村に申請し認められると、その越えた額が高額療養費として支払
われます。
70歳未満の自己負担限度額(月額)
区分 自己負担限度額
上位所得世帯 150,000円(83,400円)
+医療費が500,000円を超えた場合、越えた分1%を加算
一般世帯 80,100円(44,400円)
+医療費が267,000円を超えた場合、越えた分1%を加算
住民税
非課税世帯
35,400円(24,600円)
70歳以上の高齢受給者証対象者の自己負担限度額(月額)
区分 外来限度額
(個人単位)
入院及び世帯の限度額
一定以上所得者 44,400円 80,100円(44,400円)

医療費が267,000円を超えた場合は、その越えた分の1%を加算
一般 12,000円 44,400円
低所得 U 8,000円 24,600円
T 15,000円
食事の減額(標準負担額減額認定証)
入院時に負担する食事代(標準負担額1食につき260円)が、次の場合に減額されます。
1食あたりの負担額
市民税課税世帯
市民税非課税世帯に属している方で、減額認定を受けていない
260円
@ 市民税非課税世帯の方で90日以内の入院の方 210円
A 市民税非課税世帯の方で90日以上の入院の方 160円
B 所得が一定基準に満たない世帯の70歳以上の方 100円
減額には申請により交付される減額認定証が必要となります。
病院に提示されない場合は減額されませんので必ず提示して下さい。
 
自立支援医療制度
この制度を利用すると精神科・心療内科の病気で通院する際、医療費の自己負担額は加入している保険(国保、社保など)に関わらず、10%に軽減され所得に応じて上限額が設定されます。手続きは印鑑をご持参の上、病院の窓口のお申し付けください。
特定疾患
●特定疾病療養受療証をお持ちの方。
精神障害者福祉手帳
所得税・住民税・相続税・自動車税等の控除のほか生活保護受給者の場合は障害者
加算措置などがあります。
後期高齢者医療制度
対象者
75歳以上の方。(75歳誕生月より資格取得)
65歳以上で、一定の障害があると認められた方
「一定の障害のある方」とは、国民年金法による障害等級の1・2級に該当する方、
または身体障害者障害程度等級表の1〜3級および4級の一部に該当する方、
療育手帳A判定及びIQ50以下の判定の方、精神手帳1・2級に該当する方
病院窓口で支払う自己負担額
外来の場合
受診のつど、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)を負担します。
入院の場合
1割又は3割を負担しますが、同一月に同一医療機関に支払う自己負担額が、自己負担額上限額
に達した場合は、その後支払う必要はありません。(食事代、居住費は除く。)
所得区分 自己負担限度額
  外来
(個人ごと)
入院
(世帯及び個人)
現役並みの
所得のある
44,400円 80,100円+1%※1
(44,400円)※2
一般 12,000円 44,400円
区分U 8,000円 24,600円
区分T 8,000円 15,000円
※1 医療費が267,000円を超えた場合は超えた額の1%を加算。
※2 ( )内は、過去1年間に4回以上高額医療費の支給を受けた場合の4回目以降の限度額です。
その他保障制度
●年金・傷病手当・労災・生活保護等。
※詳細につきましては、道央佐藤病院医事企画室又は医療相談部にお尋ね下さい。


主治医より退院の許可がありましたら詰所にご連絡の上、事務窓口にて医療費・預り金の精算をして下さい。

  退院後は次のフォローアップシステムを用意しておりますのでご利用下さい。
通   院
退院後の通院治療は、道央佐藤病院外来又は「北海道メンタルケアセンター」で行って
おります。
訪問看護“ひまわり”
在宅で療養しておられる方には、病院の職員がご家庭を訪問して療養上必要なことや、
看護、介護についてのご相談に応じております。
シルバーデイケア・シルバーデイケアわかくさ(老人性認知症デイケア)
認知症のお年寄りを対象に、家庭から送迎を行い、通院しながらリハビリ
テーションや趣味活動を通じて健康の維持増進を図るとともに、家族の介護負担を
少しでも軽減する目的のため、専門のスタッフがデイケアサービスを行っております。
通所日時:毎週月〜土
(午前9:00から午後3:00,送迎時間を除く)
※介護保険制度の適用外のデイケアですので1週間における回数の制限はありません。
デイケアわかくさ
社会生活に意欲的に参加できることを目標にグループ活動を行ないます。北海道メンタルケアセンター4階で、手芸・料理・陶芸・スポーツ・レクレーションなど、いろいろな活動を行っております。
通所日時:毎週月〜土(午前9:00〜午後17:00)
デイケアたるまえ
各種レクレーションや料理教室、スポーツ、SST、心理教育、当事者研修などいろいろな活動をおこなっており、デイケアわかくさと異なるプログラムも行っています。
通所日時:毎週月〜金(午前9:00〜午後17:00)
家 族 会
入院中の患者さんの家族の方々には、家族会の入会をおすすめします。担当のケース・
ワーカーにご相談下さい。
回復者クラブ凡人会
退院者の方々の回復者クラブです。
レクリエーションや茶話会などを通じて親睦を深め、近況を話し合うことで、社会生活の中での孤立感の緩和など図ることを目的としています。
住   居
「ウイング」(8室)、「ステップ」(10室)、グループホーム「マインズ」(20室)、宿泊型自立訓練施設「ファミリーハウス」(10室)があります。
退院者の方が、社会で生活をしていくための住居です。
「ファミリーハウス」については入居期間があり、最長で2年間までのご利用となります。
就   労
退院された方がご利用できる就労の場として、障害福祉サービス事業「マイランドリーT・U」、
障害福祉サービス事業「はぁ〜とカレー」、「喫茶はすかっぷ」、「工房四季」、
(株)「あかつき」があります。